Best Wedding一生に一度の最高のセレモニー

結婚式は2人にとって最高のセレモニーです。一生の思いでつくりのために、素敵な結婚式をしませんか?

なるべく相場に近い引き出物

価格について考えた場合、引き出物は相場に近い価格に設定するというのもいいかと思います。というのも、引き出物は安すぎるのはもちろんですが、あまりにも高いと逆にゲストが気を遣ったりするという事も考えられます。

また、お祝儀も立場などを考慮して平均的な金額にしているゲストも少なくない様です。ですので、なるべく相場に近い引き出物にしておくと、大きく失敗するという事は防げそうですね。引き出物はどの商品にするかという事ももちろん大事になってきますが、やはり価格帯も重要と言えるでしょう。

引き出物については基本的なマナーについて把握しておく様にしたいですね。失敗はしない様に心掛けたいですね。

雨天を考慮したい引き出物

結婚式の当日は晴れているばかりではありません。時には雨天の中でゲストが引き出物を持って、家に帰らないといけない事もあります。

雨天の場合には、引き出物を持って帰るのが更に大変に感じられる事もあります。引き出物は、防水加工が行われている紙袋に入れられた状態で贈られる事が多いので、少し程度であれば濡れても問題ない場合もありますが、やはり、傘をさした状態で引き出物を持ち帰るというのは、楽ではありません。

また、結婚式にはなれない履物で来る人も多く、足元が滑りやすい中で、引き出物を持って帰るのは大変です。そのため、できる範囲で持ち帰りやすい物を選んでおく事で、負担の軽減につながります。

迷う事もある引き出物選び

すぐに引き出物が決定する事もありますが、人によっては悩んでしまって引き出物を決めるのに長い時間がかかってしまう事もあります。

いきなり引き出物となる商品のリストを見ても、選びにくい事もあります。そんな時には、ゲストに対してどの様な引き出物を贈りたいのかという事を冷静に考えてみましょう。実用的な引き出物がいい人もいれば、記念に残せる物がいい人もいますし、もしくは物ではなくて体験がいいという人もいます。すべての人の好みに合う物を贈るとなれば、非常に難しく感じますが、可能な範囲で考慮しつつ、選んでいくといいでしょう。分からない時には、年齢や性別を頼りに好みそうな物を選ぶ事もあります。

独身の人に届けたい引き出物

独身の人がゲストに来てくれた場合には、引き出物に何を選ぶといいでしょうか。

引き出物の中には、食品の様に一定の期間内に使い切らないと行けない物もあります。引き出物として食品を贈るという事もありますので、その場合には小分けになっている物など、1人でも困らない物をできるだけ引き出物として贈るといいでしょう。

また、引き出物を贈るのであれば、保存がしやすい物も便利です。独身で一人暮らしをしている人の場合には、家族と同居している人とは、若干状況は違ってきますので、注意する必要があります。また、洗剤などは量が多くても、消耗品となりますので、さほど問題ない場合もあります。冷静に考えてみましょう。

引き出物と結婚式場で考えよう

実際に結婚式を考えている方からすれば、まずは結婚式場の状況によって決めたいところです。

たしかにこれだけでもいいように感じられるところは多いのですが、それに加えて引き出物の状況についても考えたいところです。考えているものをそのまま出してくれるのか、それとも提案されているものから選ぶような方針なのかで変わってくることとなります。

引き出物は、選ぶこともできるものですが、時間をかけてしまうと余計な費用もかさんでしまいます。結婚式場がある程度検討してくれるようになり、選びやすくなっているのは考えるポイントになっています。

結婚式場に来てくれたお返しに引き出物を渡します

引き出物は結婚式場まで足を運んでくれた、ゲストに対しお礼の気持ちを込めて渡す品の事を言います。今までは披露宴で出した料理の一部をゲストに持って帰ってもらい、家で待っている家族と一緒に食べてもらうのが一般的でしたが、現在ではゲスト全員に同じ品を渡すのが一般的です。

特に人気なのが、カトラリーで多くの結婚式で選択されています。カトラリーであれば、もらった側も嬉しいですし、持ち帰るときに小さくて軽いため、楽でうれしい商品です。引き出物を選ぶときには注意をして、もらって迷惑な商品は選択しないようにしてください。

引き出物の記事