Best Wedding一生に一度の最高のセレモニー

結婚式は2人にとって最高のセレモニーです。一生の思いでつくりのために、素敵な結婚式をしませんか?

ウエディングはすべきか

ウエディングをする人が圧倒的に多い中、逆にしない選択をする人もいます。時間、金銭的に余裕がない場合、興味がない場合、身近な人とのパーティーだけで済ませる場合など理由はそれぞれで異なります。

どちらが良いか悪いかもありません。子供を授かって式をできなかったカップルが、子供が大きくなって落ち着いてからおこなう場合もあります。式をいつ、どのようにするか、或いはしないかは新郎新婦が決めればいいでしょう。親の意向に沿わなければならない場合もあるでしょうが、新郎新婦にとって思い出深い式ができるのが一番です。式をしなくても、挨拶状で連絡することも可能です。

ウエディングにおけるブライダルエステとは

花嫁さんがウエディングドレスを着るうえで、気になるのが自分の身体です。ドレスは上半身を出すものが多く、日常の生活ではそこまで見せることがありませんので、油断している人も多くいることでしょう。そのようなときに有効になってくるのが、ブライダルエステの存在です。

最近ではさまざまな機関で、施術を受けることが可能になっています。大手エステサロンや、個人エステサロン、医療機関などで受けることができますので、それぞれの機関でのメリットデメリットをふまえたうえで、自分の身体の状態にあった機関で受けることが重要です。

ウエディングのブーケについて

ブーケは花嫁が持つ花束をいいます。詳しくはブライダルブーケや、ウエディングブーケと呼びます。花嫁がブーケを持つようになったのは、プロポーズの際に花を摘んで意中の女性に渡したことが始まりと言われています。

また、新郎のブートニアは花嫁の持つブーケの花から、花をとり男性の胸ポケットに入れることがプロポーズ快諾の証として知られています。そのような意味合いを持っているブーケですが、結婚式のセレモニーの一つとしてブーケトスをするのは、幸せのお裾わけとしての意味合いがあり、受け取った人は次の花嫁と言われています。

国内ウエディングのメリット

海外ではなく日本国内でウエディングを挙げるメリットとしてはやはり安心感でしょう。自分が知っている文化・知っている言葉で全てのやり取りを進めていけるということは何にも変えられません。また日本人特有の細やかな気配りは、海外では受けることができないものです。

また招待客を沢山呼びたいという人は、2人友人が多い土地を選べばその分多くの人に来てもらうことができます。「本当に仲のいい人だけでひっそりと」ではなく「大勢でワイワイやりたい」という人は、やはり日本でウエディングを挙げる方が色々便利ですし、対処もしやすいです。

ウエディングパーティーで行われるファーストバイトとは

ウエディングパーティーに行くと披露宴で必ず程といっていいほど、見ることが多い「ファーストバイト」とは一体どのようなことを意味しているのか知っていますか?実はあれにも意味があるのです。まず新郎から新婦へ食べさせてあげるという行為は「これから先食べるのに困らせないよ」という意味があります。

逆に新婦から新郎へ食べさせてあげるという行為は「これから先美味しご飯を沢山食べさせてあげるね」という意味があります。新婦から新郎へ食べさせてあげる際にはスプーンが大きくなっているのが定番で、2人の仲の良さと、新譜の大きな愛を受け入れる新郎の姿を見ることができます。

ウエディングでまずやることが招待状作成

ウエディングをすると決まったらまずやるべきことが一体誰を呼ぶのを決めることです。その人数によって今後決めていかなければならないことが左右されてくるためです。

そして呼ぶ人数がある程度決まった所で招待状を出します。この招待状も自分の個性の出しところです。結婚式場で何点か決められたフォーマットを用意しているはずですので、そういったものを活用するのも手ですし、お気に入りの文房具屋さんなどがあれば、そちらにお願いしても楽しいです。

またこういったデザインが得意な人は自分で一から招待状をデザインしてみるのも非常に楽しいでしょう。

ウエディングの記事